Hattch

  • サラム
  • -
  • Hattch
00:00 / 00:00

ファースト発売から1年半。未だ謎に包まれている《Hattch》の更なる可能性を世に放つため新たな歴史が動き出す。青白い炎で、見落としたものを探すように、あるいは見えにくい足元を照らすように。

少し揺れながら薄い影を纏って、どこにでも在りそうで、ここにしかない。そんな彼にしか描けない音楽を目指して、今日も世界へ発信していく。

Hattch待望のセカンドは豪華5曲入りミニアルバム。《A and bye》と題された今回のミニアルバムは、全体的にリズムの在り方にクセを持たせて重心低めのベースラインに編み込まれゆくギターとコーラスそして歌われるメロディー。エレクトロ度を増しながらそれぞれ特色のある曲をラインナップしたHattchらしい作品となっている。オープニングを飾る1曲目「サラム」はオリエンタルな雰囲気の曲調の中で歌われ、聞こえて来るものは何なのかという幻想的な楽曲で、まさに今回のCDの始まりにふさわしい1曲となっている。

© 2017 by Joint -music-